チラシ印刷やバナースタンド|費用を抑えて格安で宣伝

繰り返し使える看板

男性

スタンドの購入とバナーシートの作成が必要

バナースタンドとは、パイプを組み立ててスタンドとし、そこにバナーシートを張るタイプの看板です。木製の立て看板と異なり、軽量ですし釘を抜いたり打ち込んだりしなくても簡単にバナーシートの交換ができるため、オフライン広告として人気があります。バナーシートを利用するためには、まずはスタンドとなるパイプを購入する必要があります。バナースタンドの専門店で販売されていますし、また希望するサイズのものを特注することも可能です。その後は、そのバナースタンド専門店あるいは印刷会社に、バナーシートをプリントしてもらいます。デザインは自分で決めることもできますし、デザイナーに任せることもできます。バナーシートができあがれば、スタンドを組み立ててから取り付けて、希望する箇所に設置します。軽量なので倒れたり風に飛ばされたりしないよう、重しとなる専用の水袋もセットになっていることが多いです。

バナースタンドの人気の理由

バナースタンドのメリットは、先述したようにバナーシートの交換が簡単なところです。新しいバナーシートさえ用意すれば、何度でも繰り返し使用することができるのです。アルミ製なので、屋外で使用しても錆びることはありません。木製の立て看板と比べてエコロジーなところが、人気の理由です。さらにバナースタンドは、複数のものをつなげあわせることができます。つなぐことで、大きなサイズにすることが可能なのです。これにより宣伝効果は、一層アップします。加えて、ロールタイプのバナースタンドもあります。バナーシートが長い帯状になっていて、そこには複数の宣伝内容がプリントされています。そしてバナーシートが回転すれば、次々に異なる宣伝内容が出てきます。ひとつのバナースタンドで、複数の広告宣伝ができるわけです。このようにメリットが多いので、バナースタンドには人気があるのです。